top

プライク × 両面ホワイトインク

プライク × 両面ホワイトインク

ただいま準備中のため、ちょっとだけお待ちください…
※ただいま準備中ため、受注を停止させていただいております。(2018年6月以降、業務再開予定です!)
詳しくはお知らせよりご確認ください。
なお、準備中に伴い価格の見直しを行っております。再開後は業務停止前と異なる価格でのスタートとなりますことを予めご了承下さい。
(料金についてはなるべくがんばります…!)


こんにちは(っ´ω`)

今日は風がものすごく強くて大変でした。風にあおられてだんだんまっすぐに歩けなくなってしまい、なんだかいつもより余計に長く歩いてきた気分です。

プライク レッド 名刺さて、本日はプライクを使ってホワイトインクの片面全ベタにチャレンジです(=゚ω゚)
とても鮮やかな発色の赤いプライクですが、ホワイトインクがどのくらい透けて見えるのかが気になるところです。

ホワイトインクの濃度についての最新記事はこちら
プライク名刺_ホワイトインク_特殊印刷

片面ホワイト全ベタ

プライク レッド 名刺片面はホワイト全面に抜き、もう片面は紙の地を出す形で印刷を行ないました。

全べたから抜きというのは今までやったことなかったのですが、同じプライクでもだいぶ印象が変わりますね。

あと全ベタのもう1つ注目する点は、小口染めのように見えるところです。
弊社では小口染めには対応していないのですが、ホワイト側から見ると断面が彩られているように見えます。
ただホワイトの全ベタは断裁面から非常に剥がれやすくなっているので、保管・取扱いには注意が必要です!
ホワイト全ベタについての最新記事はこちら

特殊印刷ではインクごとのレイヤー分けが必要です!詳しい作り方は以下のバナーからどうぞ。
入稿データの作りかた ー初級編ー 入稿データの作りかた ー上級編ー

ホワイトの透け感

ネイビーとブラックのプライクは、3回以上の重ねでホワイトが透けなくなってきます。赤は先の二つよりも明度が高いので、ほんのちょっと多めにホワイトを刷ってみました。

プライク レッド 名刺手前が4回、奥が6回です。4回はほんのり赤が透けているのが分かると思います。
写真は光が反射してあまりそうは感じないのですが、実際に目にしてみると、4回の方はホワイトというよりピンクな感じです。

ベタの方はホワイトの濃度差がわりと感じられましたが、ポイントで使っている方はそこまで濃度差を感じない仕上がりでした。

参考までに1~3回はシャープな仕上がり、6回~10回はマットな仕上がりという感じです。ベタ使用の際は透けない方が良いかと思うので6回重ね以上を強くお勧めします。
※ちなみに現在サンプルでお送りしているこの仕様は6回重ねです。

ホワイトインクの濃度についての最新記事はこちら

100枚あたりの参考価格

ただいま準備中のため、ちょっとだけお待ちください…
※ただいま準備中ため、受注を停止させていただいております。(2018年6月以降、業務再開予定です!)
詳しくはお知らせよりご確認ください。
なお、準備中に伴い価格の見直しを行っております。再開後は業務停止前と異なる価格でのスタートとなりますことを予めご了承下さい。
(料金についてはなるべくがんばります…!)

ということでこちら、両面ホワイトで片面がホワイト全ベタになりますので
プライク14 = 5,500円 + 片面ホワイト全ベタ料金 = 1,000円
= 6,500円(税抜価格、送料梱包代別途)
という価格となります。

※ホワイトの全ベタは機械のエラー率が高く、部数によっては納期を+1日~3日ほど多めにいただくことがございますので、ご発注の際はあらかじめご了承ください。
プライクの詳しい価格は、こちら!
B_960×40_プライクの価格表はこちら


テストでは初登場だった赤プライクでしたが、紙の色がとても明るいので重ねの回数によっては表情が大きく変わりそうです。

プライク×ホワイトインクはもともとコントラストが強くインパクトがあるものでしたが、これを両面で使うとなったら更に印象強いものとなるのではないのでしょうか。

プライクの両面ホワイトインク、興味が沸いたという方はお気軽にお問い合わせください。
サンプル作成無料で行っています(ノ゚ω゚)ノ

申し訳ありません、ただいまサンプルの送付もお休みしています。
特殊印刷

Return Top