top

ファーストヴィンテージ × 両面カラー

ファーストヴィンテージ × 両面カラー

現在受注を停止しております
※現在受注停止中につき、記事のみの公開となります。(2018年6月以降、限定的に業務再開予定です。)
詳しくはお知らせよりご確認ください。
なお業務再開後は、料金見直しにより公開している金額と異なる可能性がありますのであらかじめご了承ください。
(料金についてはなるべくがんばります…!)


こんにちは(っ´ω`)
朝晩冷えていますが、日中微妙に暑かったりするので、衣替えどうしようか悩む今日この頃です。

さて本日は、前回FV5をファーストヴィンテージのアッシュで行った際、ホワイト1回があまり見えなかったということで、同じ部分をホワイト6回にして見え方を検証したいと思います!

今回の仕様

印刷仕様:ファーストヴィンテージ アッシュ、両面カラー+ホワイト6回です。
ファーストヴィンテージ_カラー_ホワイトファーストヴィンテージ_カラー_ホワイトash+W_3

ホワイトは見えるのですが、マット感とインクの持つ青みが強く、重ねたところが厚く見えるので少し浮いてしまっている印象です。
使い方によっては悪くはないかもしれませんが、ホワイトがのった部分だけ紙の良さを消してしまってしまっている気もします。
このままサンプルとして出すにはちょっと不完全燃焼な感じも否めないので、アッシュの紙色に合うようにホワイトインク無しでアレンジを加えることにします
入稿データの作りかた ー初級編ー 入稿データの作りかた ー上級編ー

ホワイトの部分をカラーで刷る

ファーストヴィンテージ_両面カラーファーストヴィンテージ_両面カラーファーストヴィンテージ_両面カラー

ホワイトインク部分をC30:M20:Y30に置き換えてみました。(濃いカラー部分はC70:M50:Y70:K40+C60:M50:Y50:K20です。)
ホワイトインクで刷ったときよりは丸く収まった感じです。青みのあるホワイトインクなので重ねる回数を少なくしてみるのがいいのかもしれませんが、アッシュでホワイトインクは当分課題ですね…

100枚あたりの参考価格

現在受注を停止しております
※現在受注停止中につき、記事のみの公開となります。(2018年6月以降、限定的に業務再開予定です。)
詳しくはお知らせよりご確認ください。
なお業務再開後は、料金見直しにより公開している金額と異なる可能性がありますのであらかじめご了承ください。
(料金についてはなるべくがんばります…!)

ということでこちらの仕様は
両面カラー = 2,750円
で作成が可能です。(税抜価格、送料・梱包代別途)


ファーストヴィンテージの詳しい価格は、こちら!
B_960×40_ファーストヴィンテージの価格表はこちら

ファーストヴィンテージと4C印刷

スカーレットのときもそうなのですが、この色があるクラフト紙はやはりいカラーで印刷するのが良く似合いますね。スミ1色も鉄板の組み合わせでかわいいですけど、比較的紙に近い色の方が、より溶け込んで統一感を出してくれそうです。

オークはオーソドックスなクラフトの色なので大体の色はなじむと思うのですが、スカーレット・アッシュは使用する色をかなり選んでしまうのかなと思います。

ということで、カラーを使用するときに少しでも参考にしてもらえるよう、何の色が合うのかこのまま検証していきたいと思います!

カラーチャートを刷ってみる


testデータ_解説用こんな感じでざっと似合いそうな色や試してみたい色でカラーチャートを作ってみました。
このようにいくつかのまとまりで色は分けています。(すみません、けっこうざっくりとしたまとめ方です。)

各色に使用したチャートは以下の通りです。左からアッシュ・スカーレット・オークになっています。
ash_chart_testscarlet_chart_testork_chart_test

印刷結果

ということで印刷したものがこちらになります。
ファーストヴィンテージ_カラーファーストヴィンテージ_カラーファーストヴィンテージ_カラー


大方水色で囲んだ部分の色は上手くなじませられてるのかなと思います。

アッシュはカーキ系・ターコイズ系・チャコール系
スカーレットはボルドー系・茶系
オークは茶系・カーキ系・チャコール系

あたりが違和感ない印象です。
というよりこれは合わないだろうなって、見てすぐさま思った色以外は大体大丈夫そうです。

黒だとけっこう強めに見えるところも、すこし暗い色にするだけで印象がだいぶ柔らかくなるのでお勧めです。

今回できたおすすめの色はスウォッチとしてまとめましたので、よろしければ以下よりDLしてご利用・ご参照ください。
ご利用の際はこのスウォッチをベースとして、自由にアレンジしていただいてももちろん構いません!
sophisticate_FVswatch_ol_CS4


ということで、結果的にファーストヴィンテージ×4Cの検証記事となりました…(゚ω゚  )
さて、FV5の記事とデータは出来ましたが、FV10に関してはまだですので近いうちに公開できたらなーと思っております!(先に別の記事を上げてしまいそうですが…)
この時期にぴったりのファーストヴィンテージ、季節感も感じさせる手触りと質感です。ぜひご検討下さい(っ´ω`)

現在受注停止中につき、サンプルの送付は行っておりません。
特殊印刷

Return Top