top

ファーストヴィンテージ × ホワイトインク1回

ファーストヴィンテージ × ホワイトインク1回

ただいま準備中のため、ちょっとだけお待ちください…
※ただいま準備中ため、受注を停止させていただいております。(2018年6月以降、業務再開予定です!)
詳しくはお知らせよりご確認ください。
なお、準備中に伴い価格の見直しを行っております。再開後は業務停止前と異なる価格でのスタートとなりますことを予めご了承下さい。
(料金についてはなるべくがんばります…!)



こんにちは(っ´ω`)
近頃はめっきり冷え込んできましたね。食べ物がおいしい季節になってきて、毎日溢れ出る食欲と戦うのが大変です( ´)Д(` )

ファーストヴィンテージ_両面ホワイトインク_1回刷りさて、本日はFV10、の前に 両面ホワイトインク1回刷り をご紹介です!

前回FV5を使用したカラー+ホワイトインク1回刷りの際に、ホワイト1回はけっこう薄いとお伝えしましたが、その薄さもかわいいじゃん、ということで新メニューとして追加です。

今回の仕様

印刷仕様:ファーストヴィンテージのスカーレット、両面ホワイト1回刷りです。
ファーストヴィンテージ_両面ホワイトインク_1回刷りファーストヴィンテージ_両面ホワイトインク_1回刷りファーストヴィンテージ_両面ホワイトインク_1回刷り

いつもファーストヴィンテージでは濃く見せるホワイトインクの検証が多いですけど、スカーレットだからこそできるこの薄いホワイトも、いつもと違う表情になるのでがらっと雰囲気が変わります。
ただご覧の通り、情報を読ませるにはかなり気を使いますので、デザイン的な要素が強いもので使うとうまく活かせるのかなとおもいます。

ファーストヴィンテージの全ベタ

プライクの赤然り、赤系の紙は片面をホワイト全ベタにしたサンプルにしています。
(個人的に赤×白の色の組み合わせが好きなためです笑)
プライクのホワイト全ベタって、べた面の質感が紙ではなく完全にインクの質感になってしまいますが、ファーストヴィンテージの場合、ある程度紙の質感が残るので(重ね回数が多いと質感はあまり残りませんが…)自然な感じで表と裏、別の表情が見せらせる紙です。

100枚あたりの参考価格

ただいま準備中のため、ちょっとだけお待ちください…
※ただいま準備中ため、受注を停止させていただいております。(2018年6月以降、業務再開予定です!)
詳しくはお知らせよりご確認ください。
なお、準備中に伴い価格の見直しを行っております。再開後は業務停止前と異なる価格でのスタートとなりますことを予めご了承下さい。
(料金についてはなるべくがんばります…!)

ということでこちらの仕様、新メニューの
両面ホワイトインク1回刷り = 2,500円(税込 2,700円)
で作成が可能です。(送料・梱包代別途)

※片面の場合は 片面ホワイトインク1回刷り = 2,000円(税込 2,160円)

ファーストヴィンテージの詳しい価格は、こちら!
B_960×40_ファーストヴィンテージの価格表はこちら

ファーストヴィンテージと特殊印刷

ファーストヴィンテージ_両面ホワイトインク_1回刷りファーストヴィンテージのようなクラフト系の紙は、通常の4C印刷だけでも味のある印刷物ができますので、正直ホワイトインクを使わずとも紙の良さを十分に引き出すことができます。
(また、紙の印象が優しい分プライクほど視覚的な効果を生むのが難しいです)
ただ、難しい、で終わってしまうとつまらないので、せっかくsophisticateで刷るなら少しでも他と違うことができたらなーと思いました。

紙の持つ柔らかさとか素朴さに、薄いホワイトインクならではの質感を加えられる印刷方法ですのでぜひ一度お試しください!
(もちろんホワイトインクの使用はお手の物!な方も大歓迎です)

申し訳ありません、ただいまサンプルの送付もお休みしています。
特殊印刷

Return Top