top

【Indigo7600テスト】キュリアスメタル その2

【Indigo7600テスト】キュリアスメタル その2

ただいま準備中のため、ちょっとだけお待ちください…
※ただいま準備中ため、受注を停止させていただいております。(2018年6月以降、業務再開予定です!)
詳しくはお知らせよりご確認ください。
なお、準備中に伴い価格の見直しを行っております。再開後は業務停止前と異なる価格でのスタートとなりますことを予めご了承下さい。
(料金についてはなるべくがんばります…!)


こんにちは(っ´ω`)
先日県外へ遊びに行ったんですが、やはり八戸の空気って乾燥しているんだなと思いました。

キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクさて、本日はキュリアスメタルの検証、第二弾です。前回の検証でカラーが乗ってもパールの光沢が損なわれにくいということが分かりましたので、今回はどんなカラーが適しているかをテストしました!

今回もキュリアスのテストといいながら、使用しているのはシェルルックです。※シェルルックを使用している経緯につきましては前回の検証をご参照いただけますと幸いです(゚ω゚  )

※3月27日より、 キュリアスメタル 215kg:アイスシルバー が新しく常備紙に加わりました!
制作事例はこちらの記事から。

気になるキュリアスメタルの価格は、こちらから
B_960×40_キュリアスメタルの価格表はこちら

検証内容

キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインク前回のインク風に引き続き、左写真にあります、キュリアスの他の色もそれっぽい感じで再現+こういう色はどうだろうの色も何色か試してしてみたいと思います。
CMYKの掛け合わせですので、全部の数字を足して何%ぐらいが適当か、というとこも見ていきたいです。

本当はキュリアスにはスーパーゴールドという色もあるんですけど、今回すっかり見落としてしまっていました…

印刷結果

キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインク今回はいつも印刷するときのサイズの紙でテストしました!
キュリアスの再現色が10色、オリジナルが7色です。

以下、アップにして光沢が見えるようにしている写真を上げていきますが、そっちだと色が上手く出ておらず、どっちかといえばこの左の写真が現物に近い色になっています。

それでは1枚1枚、カラー部分とその下にホワイトを1回敷いた部分とを写していきますので( )内のCMYKの数値と併せてどうぞ!(インクは前回出したので、飛ばします。)

チョコレート風、ボタニック風、レッドラッカー風、マンダリン風

左からチョコレート風(C75 M75 Y80 K50 =280)、ボタニック風(C90 M20 Y100 K20 =230)、レッドラッカー風(C30 M100 Y80 K30 =240)、マンダリン風(C0 M70 Y100 K0 =170)
chocolateキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインク

ダークグレー風、シルバー風、ライトグレー風、ゴールド風、クリーム風

いて左からダークグレー風(C40 M30 Y30 K50 =150)、シルバー風(C35 M25 Y25 K15 =100)、ライトグレー風(C10 M10 Y20 K10 =50)、ゴールド風(C20 M25 Y60 K10 =115)、クリーム風(C0 M10 Y30 K0 =40)
キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインク


ここまでが再現色です。
ちなみに前回のインク風はC70 M50 Y0 K70 =190 となっています。

どっちかといえば網点が目立ちますが、大体は光沢が出ています。でもチョコレート風、レッドラッカー風は比べると格段に鈍い光りかたです。下地のホワイト1回もこの2色に関しては肉眼でも見えにくいですが、出ていないわけではありません。

再現色で一番パール感が出ていたのはライトグレー風、ホワイト1回がおもしろい感じに効いていたのはボタニック風かなと思います!
再現色の色味に関しては、あくまで再現ですので本物のキュリアスメタルに近い色ということでご容赦下さい。

個人的にやってみたかった色

続いては、こういう色だったらキュリアスのきらきらが映えそうだなーという色で刷ってみました。

左から1.ピンク(C0 M30 Y10 K0 =40)、2.ネイビー(C80 M70 Y40 K0 =190)、3.菫色(C40 M50 Y0 K0 =90)4.ミントっぽい色(C35 M0 Y20 K0 =55)
キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインク

続いて左から5.水色(C25 M0 Y0 K0 =25)、6.モーブ(C20 M20 Y5 K0 =45)7.グラデーション( =190)
キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクキュリアスメタル_パール紙_ホワイトインク

再現色が濃いめの色が多かったので、オリジナルは淡い色を多めで作ってみました。
キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインクパール感に関してはどの色も出ていますが、その分こういう感じで、2.ネイビー以外は角度を変えると下のホワイト1回が強く出てしまいました。
これもこれで悪くはないんですが、もう少し目立たないようにしてもいいなと思うのでホワイト1回を50%にして出してみたところ、



キュリアスメタル_パール紙_ホワイトインク
ちょっと目立たなくなりました!


悪目立ちせずほどよくアクセントになったかなーと思うので、使用するカラーによっては50%のホワイト1回でも良さそうです!

考察・まとめ

パール感が目立ちにくくなってくる数値の目安としては、CMYK合わせて200以上かと思います。ただ今回のボタニックのように230あっても光沢感が出る場合もありますので、掛け合わせ次第ですね!

また150以上で正面からのホワイト1回が、うまい具合に隠れやすくなっているようです。

パール感をできるだけ残したい場合は、100以下がおすすめです!

さてこんな感じで3回の検証から、カラーの傾向とホワイトの活かし方が分かりましたので次はやっと…やっと本番のキュリアスを使用してサンプル作成に入りたいと思います(っ´ω`)!

キュリアスメタルを使用した、サンプル作成記事はこちら。

申し訳ありません、ただいまサンプルの送付もお休みしています。
特殊印刷

Return Top